「安心・安全・美味しい」にこだわったお米を直に食卓へ・・・

ゆりはまの頂き
こめこめクラブ
ゆりはまの頂きについて

ネットショップで購入する

TOPに戻る

ゆりはまの頂きについて

鳥取の真ん中 湯梨浜から みなさんの食卓へ

鳥取の真ん中 湯梨浜から みなさんの食卓へ

鳥取県 東伯郡 湯梨浜町。
天神川、東郷湖、そして日本海と、澄んだ清らかな水に囲まれた湯梨浜町では、様々な作物が作られています。

天神川河口の豊かな土壌とミネラル豊富な水で育まれた「ゆりはまの頂き」。
土作りや製法にこだわり、丁寧にお米づくりをしています。すべては皆さまへ 安心・安全・美味しいをお届けするために・・・。

「ゆりはまの頂き」お米の特徴

「ゆりはまの頂き」お米の特徴

お米の特徴

お米づくりの要も言える水源が豊富で、太陽の光りを一日中 目一杯浴びることが出来る鳥取県湯梨浜町で育ったおコメは、炊きあがりの香りから一味違います。一粒一粒がしっかりとしていて弾力があり、噛めば噛むほど感じる甘みと旨味は、ミネラルをたっぷり含んで大きく育った「ゆりはまの頂き」だからこそ・・・

「ゆりはまの頂き」製法・こだわり

「ゆりはまの頂き」製法・こだわり

製法・こだわり

私たちが作る「ゆりはまの頂き」は、他とは少し違う方法でお米を栽培しています。様々な工夫やこだわりで大切に育てたお米を、皆さまの食卓へ。ここでは、私たちのそんなこだわりをご紹介します。

海水で育てました

01.日本海から汲み上げた海水で育てました!

日本海から海水を汲みあげます

ミネラル豊富な日本海の海水を米作りに!
農薬を使わなくても、病気や害虫に負けない元気で丈夫なお米を育てたい!
田んぼの面積に合わせ導入量を調整しているので、枯れること無く、無理なく自然由来のマグネシウムとミネラルを取り入れることが出来ます。

化学肥料一切不使用

02.化学肥料は一切使用していません!

化学肥料一切不使用

とことん農薬低減にこだわり、殺虫剤等の薬物は一切使用していません。

※商品により使用した肥料が異なります。
詳しくは肥料・農薬などの使用状況ページをご覧ください >>

天日干ししています

03.天日で丁寧に干しています!

はぜかけ

最後まで丁寧なお米づくりを・・・
鳥取の爽やかな風や降り注ぐ太陽の恵みをいっぱいに受け、じっくり時間をかけて乾燥させたお米。
乾燥機で火力乾燥させる製法より籾への負担が少なく、割れが少ないため、お米の炊きあがりが違います。

「ゆりはまの頂き」わたしたちが作っています!

「ゆりはまの頂き」わたしたちが作っています!

生産者

私たちの仕事は、美味しいお米を皆さまにお届けすること。 無骨で恥ずかしがり屋のスタッフばかりですが、美味しいものを作る事に妥協をしません。

「ゆりはまの頂き」はこうして作っています!

「ゆりはまの頂き」はこうして作っています!

苗作りの様子
苗作りの様子
苗作り

お米づくりは春の苗づくりから始まります。選り分けた種籾を水に浸し、発芽しやすい状態にします。その上から土をかぶせ、ビニールハウスの中に並べ、日光に当てて温めて芽が出るのを待ちます。

田起こしの様子
田起こしの様子
田起こしの

トラクターを使い、田んぼを耕します。田んぼの土を掘り起こして細かくし、肥料を撒きます。稲が大きく順調に育つのに欠かすことのできない重要な作業です。

代掻きの様子
代掻きの様子
田起こしの

田んぼに水を張り、土をかき混ぜてから平らにします。水は用水路から引きます。

田植えの様子
田植えの様子
田起こしの

水を張った田んぼにお米の苗を植えます。田植の時期が1年で最も忙しい時期になります。「ゆりはまの頂き」では10ヘクタールほどの田んぼに田植えを行います。

海水の流し込みの様子
海水の流し込みの様子
田起こしの

「ゆりはまの頂き」で他のお米と違うところは、日本海から組み上げたミネラル豊富な海水を田んぼに注ぎ入れることです。田んぼの面積に合わせて量を調整するため、塩分で枯れる事はありません。

稲刈りの様子
稲刈りの様子
田起こしの

秋になり、田んぼが一面黄色くなるといよいよ収穫です。コンバインを使って刈り取っていきます。

はぜかけ(天日干し)の様子
はぜかけ(天日干し)の様子
田起こしの

お米を天日でじっくり干す事で、籾への負担が少なく乾燥することができ、お米の割れやヒビを防ぎます。最近ではめっきり少なくなったハゼ掛けですが、「ゆりはまの頂き」は自然の恩恵を目一杯授かり、手間暇をかけています。